【ご報告】京都コングレスに出展してご好評をいただきました。

◆京都コングレスへの出展
 当法人は、去る3月7日(日)から6日間の日程で国立京都国際会館にて開催された京都コングレス(第14回国連犯罪防止刑事司法会議)において、期間中設けられた会場内のブース(リアル展示)及びインターネット上のブース(バーチャル展示)に活動状況や関係資料を出展、展示しました。

 以下、その概要及びご報告です。

 

◆出展概要及びご報告

(1)リアル展示

 京都コングレスの展示ブース設置の目的は、安心・安全な社会の実現、SDGs(持続可能な開発目標)の達成、最先端のIT・AT技術・製品等の紹介を全世界に発信することであります。
 当法人ホウビは、事業の目的がまさに「安心・安全な社会の実現」にあることから、次の3点について展示いたしました。

    1. 世界に比類なき耐震/震度7クラスの耐震性能を有する「PC圧着関節工法(関節工法.KANSETU KOHOとして展示)」
    2. 災害停電断水時に持ってて安心‼「携帯用ぽけっトイレ・備蓄用トイレ
    3. 各家庭に備えて安心‼「3日間非常食セット防災用品セット」を展示いたしました。
210419_写真(リアルブース)

※ 会場内のリアル展示ブース(クリックで拡大されます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  コロナ禍での開催でしたが、開催期間中、延べ21か国から約40名、日本各地から延べ170名の方々が会場ブースに来場されました。
 期間中の3月11日が東日本大震災10年目ということもあり、外国人来場者の地震災害に対する関心も非常に高く、説明に熱心に耳を傾けてくださいました。

 

(2)バーチャル展示

 今回の京都コングレスはコロナ禍のため、会場内のリアル展示とは別にインターネット上にバーチャル展示ブースが設けられました。
 小峰理事長の挨拶に続いて「関節工法」「携帯用ぽけっトイレ」「3日間非常食セット・防災用品セット」を展示いたしました。
 バーチャル展示ブースには48名の来場者がありました

 

 

 リアル展示並びにバーチャル展示にご来場くださいました皆さま、ありがとうございました。
 当法人は、今後も皆さまに「安心・安全」をお届けできますよう努めてまいります。